ブックメーカー競馬ファン

ブックメーカー競馬のライブベッティング

双眼鏡で見る

ライブベッティングで競馬に賭ける事により勝率をアップさせることができます。

日本の競馬は購入方法によりますが、発売締め切り時間が2分前となっています。しかしブックメーカーならばレース中に賭ける事ができるのです。

レース後半に伸びるか伸びないかわからない馬、最終コーナーになるまでレースの展開が読めない場合などは、ライブベッティングで賭けた方がいいでしょう。

もちろん、レースの終盤に賭けるので予想が簡単になりますので、オッズはレース前よりも低くなる傾向にあります。

しかしブックメーカーの基本的な考えとして、高オッズを1回的中させるよりも、低オッズだとしても勝率をアップさせ、連続で的中させるということです。ブックメーカーで稼ぐには万馬券を当てる必要などありません。大切なのは高い勝率と、いかに損失を減らすかという点です。

競馬の勝率をアップさせるために、ライブベッティングは有効な手段です。積極的に参加して、勝率をアップさせましょう!

ブックメーカーに競馬で損失を減らすキャッシュアウト

追い込み

勝率をアップさせるのに有効なのが「ライブベッティング」で、損失を減らすのは「キャッシュアウト」です。

キャッシュアウトを使えば、最終コーナー付近で負けが確定しているレースから降りる事が可能になります。最後まで賭け続ければ全額失うことになりますが、キャッシュアウトをすると、掛け金の何パーセントかの金額が戻ってきます。

払い戻される金額はレースの状況により変化し一定ではありません。

負ける可能性が高いレースと判断したらすぐにキャッシュアウトをし、少しでも損失を減らすようにしてください。ブックメーカーならではの機能なので、絶対に使った方がいいでしょう。特に大穴が来そうなレース、番狂わせが起きそうなレースでは必須です。

おさらいになりますが、ブックメーカーは勝率をアップさせ損失額を小さくすることが何よりも大切です。

ブックメーカーの機能を有効に使い、優位に競馬をしていきましょう。くれぐれも負けの確率が高いレースで最後まで賭け続けてしまわないようにしてください。