ブックメーカーは日本より競馬が高オッズ【ブックメーカー競馬ファン】
ブックメーカー競馬ファン

ブックメーカーで競馬をする理由は日本よりも有利なオッズ

競馬

1%でも控除率の低いブックメーカーを選び、有利な立場で競馬をしましょう。控除率が低ければ、必然的にオッズは高くなります。

ブックメーカーでも控除率には差があります。もちろん多くのブックメーカーは日本のJRAよりも控除率が低くなっています。そのブックメーカーの中でも、さらに控除率の低いブックメーカーで競馬は勝負すべきです。

中には競馬で必勝法を探す人がいますが、必勝法の前に、控除率が低いという競馬に賭けるうえで環境の良いブックメーカーを選びましょう。日本の控除率は、世界と比べ最悪の数値です。

仮に必勝法があったとして、控除率が低ければ必勝法の効果はさらにアップします。

ブックメーカーの競馬は、攻略法よりも控除率のチェックをしましょう。

ブックメーカーの競馬には日本のオッズもある

出走

海外競馬のオッズだけではなく、ブックメーカーには日本の競馬のオッズも用意されています。

オッズは日本とは違い、ブックメーカーが独自にオッズを提示しています。よってブックメーカーは世界に多数あるので、ブックメーカーごとにオッズが違うのです。このブックメーカーごとにオッズが違うのが大きなチャンスになるでしょう。

大手のブックメーカーならば、日本のG1とG2には対応しています。

勘違いしていけないのは、日本のレースだからと言って、日本で馬券を購入する必要はないということです。JRAでも海外レースの馬券購入が可能となりましたが、JRAと比較してオッズが高ければブックメーカーで賭けるべきです。

日本は人気のある馬が低オッズになりがちですが、ブックメーカーはプロのオッズ師が過去のデータなどから精密な分析をしてオッズを提示しています。このギャップをうまく利用して、ブックメーカーで賭けるのか日本で馬券を購入するかを決定するのが正しいブックメーカーの利用方法です。必勝法とまではいかなくとも、有利なオッズで競馬をすることができます。

競馬の収益をアップさせたいのであれば、ブックメーカーとJRAのオッズ比較は絶対条件といってもいいでしょう。

さらに、数社のブックメーカーでオッズも比較すれば完璧です。

ブックメーカーの場合、申し込みや送金に手間がかかりますが、それは最初だけです。1度アカウントさえ持ってしまえば、賭け方はスマホやパソコンからできるので、どこからでも自由に賭けられます。

面倒ですがひと手間加えるだけで、競馬の収益が大きくなることでしょう。

ブックメーカー競馬の賭け方は日本と同じで簡単

難しく考える必要はありません。

日本の競馬でも海外競馬でも、ブックメーカーでの賭け方はとても簡単です。日本の競馬を経験している人ならば、賭け方はすぐに覚えることができるでしょう。

まず、単勝はブックメーカーの画面を見たら、誰でも直感的にわかるようになっています。

問題点は、ブックメーカーのオッズは日本よりも種類が多いことでしょう。

ブックメーカーで海外競馬に賭ける

馬

ブックメーカーは、日本レースよりも海外レースの方がオッズは充実しています。

日本では対象外のレースでもブックメーカーならば賭ける事ができるのです。

  • ケンタッキーダービー
  • メルボルンカップ
  • ドバイワールドカップ
  • 凱旋門賞
  • 香港国際競走

必ずしも日本馬が出走するわけではありませんが、世界レベルのレースに賭けることができます。

国際的なレースになれば、ブックメーカー各社の競い合いがありますので、日本にもオッズがあり賭けられるレースでも、ブックメーカー複数社と日本のオッズを比較することをお勧めします。

ブックメーカーは有名レースになると高オッズをアピールすることがあるからです。また、オッズ方式が違うので、狙い目のオッズをブックメーカーが提示していることが多々あります。